ここから本文です

明大卒業から1年の川島海荷、看護学生に囲まれ「恥ずかしい」

スポーツ報知 5/12(金) 14:35配信

 女優の川島海荷(23)が12日、東京・東五反田の東京医療保健大学で「第7回 忘れられない看護エピソード朗読会」に出席した。

 この日は世界的看護師のフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんだ「看護の日」で、川島はPR大使として、看護学生の前で入賞作品を朗読した。昨年、明大を卒業して1年がたったが「自分より年下の学生をみて、自分は学生じゃないんだと実感しました。キラキラした目で見られて恥ずかしかった」と照れ笑いを浮かべた。

 母親が現役の看護師とあって「大変なお仕事だっていう実感がなかったけど、色んな人を助けていたんだなとわかった」と改めて尊敬した様子。「私もこのお仕事をしていなかったら看護師になっていたと思う」と話した。

 14日は母の日だが「プレゼントを考え中です。口紅かビールかな。仕事の後のビールが生きがいと言ってるので」と明かした。

最終更新:5/12(金) 14:35

スポーツ報知