ここから本文です

独首相と週明け会談=仏大統領就任後初の外国訪問―マクロン氏

時事通信 5/12(金) 20:23配信

 【ベルリン時事】ドイツ政府報道官は12日、メルケル首相がマクロン次期フランス大統領を就任翌日の15日にベルリンに招き、会談すると発表した。

 マクロン氏にとっては、大統領として初めて外国を訪問し、首脳会談に臨む場となる。

 メルケル氏はこれまで親欧州連合(EU)のマクロン氏への支持を明言し、同氏の大統領選での当選後には「協力を楽しみにしている」と述べていた。EU改革など共通課題について意見交換するとみられるが、独仏政府間の本格的な協議は9月の独総選挙後になる見通し。 

最終更新:5/12(金) 20:30

時事通信