ここから本文です

【日本ハム】5回までに大田2発など7本塁打…球団記録に並ぶ

スポーツ報知 5/12(金) 20:22配信

◆日本ハム―ロッテ(12日・東京ドーム)

 日本ハム打線が東京ドームで5回までに7発の本塁打を放ち、1950年5月31日の毎日戦で記録した1試合最多本塁打の球団記録に並んだ。

 2回の大田の今季2号ソロを号砲に、3回に近藤が3号ソロ、レアードが8号2ラン。4回には西川が3号2ランをマーク。5回にはレアードが2打席連発となる9号2ラン、大田がこの日2発目となる3号2ラン、最後は中田が左翼席へ3号2ランを放ち、1イニング9点。東急時代の1950年にマークした球団記録の1試合7本塁打に並んだ。試合は5回が終わり、15―1で日本ハムがリードしている。

最終更新:5/12(金) 21:15

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 15:00