ここから本文です

「こぶしファクトリー」藤井梨央が卒業発表「自分自身悔いのないように」

スポーツ報知 5/12(金) 22:03配信

 女性8人組グループ「こぶしファクトリー」のサブリーダー・藤井梨央(18)が、今夏の「ハロー!プロジェクト」ツアーをもってグループ、同プロジェクトを卒業することが12日、所属事務所から発表された。

 藤井は14歳だった2013年5月にハロプロ研修生に加入し、15年に同グループでデビュー。今春から大学に通いながら芸能活動を続けてきたが、「昨年、高校3年生になり受験生になって将来を考えた時、教師、保育士になりたい。という夢も諦めることができませんでした」と説明。両立も考えて事務所スタッフらと話し合いを重ねたが、「夏休みが終わったタイミングで卒業することを決断しました」と学業に専念することを表明した。

 7月15日からスタートし、9月2日の広島文化学園HBCホールまで全国を巡るハロプロツアーを最後に卒業する。藤井は「まだまだ8人で達成出来てない夢がたくさんあるのに、そんな中で卒業を決めたことは本当に申し訳なく思っています」とファンに謝罪した一方で、「自分自身悔いのないように卒業する為に、少しでも8人で叶えたい夢や目標を達成する為に、卒業まで全力で活動し、努力していきます」とした。

 同グループは「こぶしの花」のような優美さ、「握り拳」の力強さを兼ね備えて欲しいという願いから命名され、15年にデビュー。相撲をテーマにした「ドスコイ!ケンキョにダイタン」で、同年の日本レコード大賞最優秀新人賞に輝いた。

最終更新:5/12(金) 22:11

スポーツ報知