ここから本文です

【オリックス】23イニング無得点で4連敗…貯金も最大8から1

スポーツ報知 5/13(土) 6:04配信

◆オリックス0―11西武(12日・ほっともっと神戸)

 元気に走り回ったのは、199匹の犬と1匹の猫だけだった。ペットと飼い主が一緒に試合を観戦できる「ペットデー」のイベントが開催され、試合前にはワンちゃん猫ちゃんが外野の芝生を散歩。フリスビーを使ったドッグパフォーマンスも行われたが、試合は“ワンダフル”とはいかず、10日のソフトバンク戦の6回から23イニング連続無得点。2試合連続完封負けで連敗も4に伸びた福良監督は「機能しませんね。現状では兆しも見えてこない」と、ひと足早い打線の梅雨入りを嘆いた。

 とにかく打てない。速球派の菊池対策として、試合前の練習ではマシンを3メートルほど本塁に近づけ、150キロを超える球を打者に体感させた。しかし、左腕に対して6回まで3安打しか放てず、最後まで三塁を踏めなかった。5月の10試合は2勝8敗の大失速となり、平均得点もわずかに1・8点。最大8あった貯金も1まで減り、4位西武とのゲーム差も1に縮まった。

 投げても、先発の西が今季最短の5回で降板。毎回の9安打を浴び、今季最多の6失点だ。自身3連敗を喫し「申し訳ないということしかありません」と言葉少なに振り返った右腕。金子とともに先発ローテを支える26歳でも、負の連鎖を止められなかった。

 結局、敵の獅子を元気づけただけだったペットデーに「こういうところで、もうひと踏ん張りできるか」と指揮官。なんとか意地を見せたい。(筒井 琴美)

最終更新:5/13(土) 8:02

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 22:35