ここから本文です

【ソフトバンク】ムネリンら熊本・益城町を訪問

スポーツ報知 5/13(土) 7:05配信

 ソフトバンクの川崎宗則内野手(35)が12日、熊本地震で大きな被害を受けた益城町の広安小学校を内川らチームメートと訪問。6年ぶりの熊本でのプレーとなる13日の楽天戦を前に、ムネリン節全開で子供たちを笑顔にした。

 小学生との質問コーナーは珍回答のオンパレードだった。試合中のベンチで選手たちが交わす会話の中身を聞かれると「夜ご飯や朝ごはんの話」「昨日、どんなドラマを見たとか」。メジャーでの経験については「アメリカにも僕の同級生がいた。世界は広い。でも野球のルールは一緒。違うのは言葉だけ」と熱っぽく語った。さらに、女子生徒からなぜか空手の上段突きをリクエストされ「茶帯だった」という腕前を披露。「空手でもオリンピック選手になれた」と真顔で言い切り、笑わせていた。

 同小のほかにも益城中央小、広安西小を選手らが訪問。工藤監督は熊本県庁と市役所を訪れ、監督個人の200万円を含む義援金約333万円を手渡した。

最終更新:5/13(土) 8:10

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 23:00