ここから本文です

RO69JACK優勝の現役高校生バンド「ニトロデイ」 デビューEP『青年ナイフEP』リリース決定

デビュー 5/12(金) 21:28配信

 昨年12月にロッキング・オンが主催するアマチュアバンドコンテスト「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝を果たした現役高校生バンド「ニトロデイ」が、7月12日にデビューEP『青年ナイフEP』をリリースすることが決定した。

 ニトロデイは現役高校生ながら、「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝。「CDJ16/17」出場の切符を手にし、高校生とは思えぬ圧倒的なパフォーマンスで話題となった横浜出身のバンド。メンバーは小室ぺい(17歳・ギボ)、岩方ロクロー(18歳・ドラムス) 、松島早紀(17歳・ベイス オン ベイス) 、やぎひろみ(17歳・ジャズマスター)の4人。Nirvana、Sonic Youth、Pavement、Pixies、ナンバーガールなどを好み、そのサウンドは90年代のグランジ愛に溢れ、ローファイな爆音オルタナティブロックを奏でる。

 『青年ナイフEP』は表題曲の「青年ナイフ」からラストナンバー「月曜日」まで、パンキッシュな演奏と、荒々しくローファイ、ぶっきらぼうでありながら耳に残る中毒性のあるメロディと声、現役高校生の混じりっけのないピュアな衝動が惜しげもなくつめこまれている。ヴォーカル小室の独特の語感によって描かれるシニカルな世界観には、無限の可能性を感じずにいられない。

 今作のジャケット、MV、アーティスト写真などのトータルアートワークは、Ykiki Beat、LAMP IN TERREN、ミツメ、LEARNERS、などのMV、ジャケットなどを手がける関山雄太氏が担当。彼らの音世界をビジュアルからも伝えている。

 7月22日には、ニトロデイの地元でもある、横浜のBB STREETにて『青年ナイフEP』リリース記念ライブイベント「SEINEN KNIFE DAY」を開催。出演はニトロデイ、羊文学、the twentiesの3バンドが決定している。

最終更新:5/12(金) 21:28

デビュー