ここから本文です

日本ハム・大谷に大接近!レンジャーズGM、二刀流男に熱視線

サンケイスポーツ 5/12(金) 5:00配信

 電撃視察だ! 米大リーグ、レンジャーズのジョン・ダニエルズ・ゼネラルマネジャー(GM、39)が11日、千葉・鎌ケ谷市の日本ハム2軍施設を訪れ、左太もも裏の肉離れでリハビリ中の大谷翔平投手(22)に熱視線を送った。今季終了後にもポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦する可能性がある大谷だが、チーム編成の全権を担うGMの練習視察は異例。日本球界のスターをめぐる米国の動きが、いよいよ本格化してきた。

 自然あふれる、のどかなスタジアムに、米国からの思わぬ来訪者が姿を見せた。レンジャーズのダニエルズGMが、ボイドGM補佐、古河スカウト、渡部スカウトを引き連れ、日本ハムの2軍施設を“電撃訪問”した。

 「日本ハムはリスペクトしている球団。素晴らしい選手を育てていて、学べることがある」

 約3時間の滞在。過去に日本ハム出身のダルビッシュ有、建山義紀、田中賢介(マイナー契約)を獲得と友好関係を築いており、あくまで“あいさつ”を強調した。

 しかし、若きGMの熱い視線の先にいたのは、もちろん大谷だ。「今、個人の選手をあれこれ言える状況ではない」としながら「(日本ハムは)世界でも知られる二刀流の選手を、ここまでの選手に育成している」と評価。大谷がキャッチボールを開始すると、バックネット裏の部屋からグラウンドへ降り、約2メートルの距離まで“接近”。室内練習場での打撃も真剣な表情で見つめた。

 昨年12月の契約更改交渉で、大谷は球団から早ければ今季終了後、ポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦することを容認された。規定では、米球団は交渉が許されるまで選手と直接、間接にも接触してはならない。当然、この日もレ軍側と大谷が交流することは一切なかった。

 ましてや大谷は、4月8日のオリックス戦(京セラ)で左太もも裏を肉離れし、リハビリ中の身。それでも編成の全権を担うGMが米国から来日し、わざわざ2軍施設にまで足を運んだところに本気度が表れる。

 2005年に、メジャー史上最年少の28歳41日でGMに就任したダニエルズ氏は、米球界に多大な影響力を持つ“スターGM”に数年間で上り詰めた手腕の持ち主だ。

 来日は11年以来、2度目。前回は日本ハムに在籍していたダルビッシュの視察が目的で、同6月に登板試合を直々にチェックした。ダルビッシュはそのオフ、史上最高額の譲渡金5170万ドル(約40億円=当時)でレ軍に移籍し、今やエースに。それから6年。日本の地を再び踏んだのも、次なる“ターゲット”を定めたからこそといえる。

 同行したボイドGM補佐も、大谷と縁のある人物だ。12年にメジャー挑戦を希望していた岩手・花巻東高3年時の大谷と面談。昨年6月には大谷が登板したオリックス戦(京セラ)を視察し「素晴らしい」と絶賛した。

 騒ぎをよそに大谷はこの日、淡々とメニューを消化。「良くなっています」との言葉通り、ランニングを再開するなど徐々に調整のペースを上げている。少しずつ近づく実戦復帰を前に、二刀流の獲得競争は、もう始まっている。

最終更新:5/12(金) 5:00

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 2:35