ここから本文です

【ダービー】2冠へ!アルアインが3馬身先着

サンケイスポーツ 5/12(金) 9:26配信

 《栗東》皐月賞馬アルアイン(池江、牡)は、CWコースでシャイニングスカイ(3歳未勝利)と併せ馬。前半はゆったり追走したが、直線でギアチェンジして、6ハロン84秒2-11秒7で3馬身先着した。「上がりだけでも、反応は良かったですね。来週は全体の時計も速くなる追い切りをしたい」と池江調教師。

 きさらぎ賞、毎日杯と連続2着の僚馬サトノアーサー(牡)は、馬なりで同81秒7-11秒5。僚馬に半馬身先着した。「こちらは少しレース間隔があいているので、全体的にも速い時計。モタれ気味で反応も少し鈍かったが、このひと追いで来週はシャープな動きに変わってくるでしょう」と池江師。

 皐月賞3着ダンビュライト(音無、牡)は、坂路でサンライズノヴァ(3歳OP)と併せ馬。馬なりで4ハロン52秒5-13秒0をマークして併入した。「馬なりでも時計は出たね。攻めをやっても体が減ったりしない」と音無調教師。皐月賞18着の僚馬アメリカズカップ(牡)は、坂路4ハロン55秒8-13秒3と軽め。「こっちは前回体が減っていたし、併せるより単走でやり過ぎないように。体は戻っているが、今度も長距離輸送でどうなるか」と指揮官は半信半疑だった。

 皐月賞6着スワーヴリチャード(庄野、牡)は、CWで僚馬と併入。時計は6ハロン83秒7-12秒1だった。「馬なりで予定通り。手前もきっちり替えていた。左回りの方がスムーズだし、中山より東京向きですね」と庄野調教師は変わり身に期待している。

 《美浦》皐月賞8着ウインブライト(畠山、牡)はWコースで単走。馬なりで5ハロン69秒5-12秒4をマークした。「在厩で調整。今週は予定通り単走でしたが、来週は併せ馬で追うつもりです。疲れも取れて少しずつ良くなってきた段階で、体重も470キロ台前半まで戻ってきました」と畠山調教師。

最終更新:5/12(金) 9:31

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ