ここから本文です

80年代HR/HMを今によみがえらせる、スーパーノヴァ・プラズマジェッツ

5/13(土) 15:16配信

BARKS

メタル大国ドイツから、女性シンガーを擁する期待の超新星スーパーノヴァ・プラズマジェッツが日本デビューを果たす。7月14日に発売となるセルフタイトル・アルバム『スーパーノヴァ・プラズマジェッツ』は、古き良き1980年代テイストにハイレベルなポップセンスと溢れるメタル愛が融合した、オールドスクールなハード&メタル・サウンドだ。

◆スーパーノヴァ・プラズマジェッツ画像

若さとメタル愛を身体中から発散させたパッチGジャンにメタルTシャツを着用した男たちに囲まれ、紅一点のジェニファーがカラフルな存在感を発している。メンバーの手にあるどでかいラジカセとスケボーというレトロ感あふれるアイテムも、彼らの音楽性と精神性を表したものだろう。

彼らのサウンドは、一言でいえば80年代型のハードロックだが、あの時代もすでに30年以上も前のもの。シンプルだがドラマティックな楽曲は、あの頃を知る世代は心を躍らせ、知らない世代には新鮮に響くことだろう。

スーパーノヴァ・プラズマジェッツ『スーパーノヴァ・プラズマジェッツ』
2017年7月14日発売予定
【完全生産限定スペシャル・プライス盤CD】 ¥1,800+税
【通常盤CD】 ¥2,300+税
※日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き
1.リーヴ・フォーエヴァー
2.スーパーノヴァ・チーム
3.ホールド・ユー・クロース
4.ターン・オフ・ザ・ライツ
5.ウィル・アイ・エヴァー・ノウ
6.ナッシングズ・ゴナ・ストップ・ミー・ナウ
7.ハンギン・オン・マイ・リップス
8.ファスター
9.フォーリン・バックワーズ
10.フィール・ユア・フィア
11.ターン・アラウンド
《日本盤限定ボーナストラック》
12.マニアック(マイケル・センベロ カヴァー)

ジェニファー・クラッシュ(ヴォーカル)
マニー・マクフライ(ギター)
アレクシス・ローズ(ドラムス)
ランディー・スターダスト(ギター)
クリフ・バーボン(ベース)

最終更新:5/13(土) 15:16
BARKS