ここから本文です

「血圧高め」、半数が受診せず サプリで対策は8%

健康産業速報 5/12(金) 13:33配信

 健康診断や人間ドックで「血圧が高め」と指摘されても、半数は医療機関を受診していないことが、オムロンヘルスケアが11日に発表した調査結果でわかった。改善のためにサプリ等を摂取しているのは1割に満たなかった。

 調査は3月、30~74歳男女1万人を対象にインターネットで実施。このうち「血圧が高め」と指摘されたことがあるのは32.1%だった。

 「血圧が高め」と指摘された人を対象に、改善のために実施したことを聞いたところ、「医師の診察を受けた」は53.5%。約半数は医療機関を受診していなかった。

 「血圧を下げる効果があると言われるお茶やサプリメントをとっている」との回答は8.4%だった。何もしていない割合は15.3%となった。

健康産業速報

最終更新:5/12(金) 13:33

健康産業速報