ここから本文です

新進女優、16歳松風理咲インタ 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4キロの軌跡」20日公開

スポーツ報知 5/12(金) 14:00配信

古風な松風理咲

 新進女優の松風理咲(りさき、16)が、映画「トモシビ 銚子電鉄6・4kmの軌跡」(20日から全国順次公開、杉山泰一監督)で初主演を果たす。千葉・銚子を走る銚子電鉄を舞台にした青春映画。スクリーンの中でみずみずしい存在感を発揮している松風は「演技力のある女優さんになりたい」と飛躍を誓った。

初の主演映画で初々しくあいさつした松風理咲

SNSしない推理小説好き

 黒目がちな瞳でまっすぐ前を見据える、凜(りん)とした表情にドキリとする。まだ何色にも染まっていない16歳の透き通った美しさが、映画の中に収められている。
 「トモシビ―」は、千葉・銚子を走るローカル線「銚子電鉄」を舞台にした作品。松風は、電車との対決を企画し、高校生の駅伝チームを作ろうとする女子高生の主人公・杏子(あんず)を演じている。

 初主演の大役はオーディションでつかんだ。「2つのシーンの台本が渡されていた。まっすぐ思いを伝えるシーンと海辺でしんみり話すシーン。まっすぐ言う方は自信があったんですけど、(オーディション本番では)そのシーンをやらなかった。『なんでだろう、大丈夫かな…』と思った」と振り返るが結果は合格。杉山監督は当時15歳の原石の可能性に懸けた。

 撮影は昨年9月に銚子で行われた。「自然が多くて、畑もたくさんあって、海がキレイで、波の音が聞こえる。夜は星がキレイで、良い場所だなって思いました」。もう一人の主人公・銚子電鉄にも「決して長い距離を走っているわけではなくて、通勤通学でずっと生活に根付いている車両。(住民からの)愛着があって、あったかい電車」とすっかりファンになった。

 電車との“共演”シーンには苦労もあった。「そんなに何本も走らせられるわけではない。緊張しましたね」。冒頭に登場する、杏子が通学のため電車に乗り込むシーンはノンストップの長回し。「2回しか撮るチャンスがなかったのですが、1回目の本番では電車のドアが開かなくて(NGに)。残り1回でOKを出さなければいけない、と思ってすごくドキドキしました」

1/2ページ

最終更新:5/12(金) 14:00

スポーツ報知