ここから本文です

錦織はフェレールを倒し、ジョコビッチと対決へ「大きなチャレンジ」 [マドリッド/男子テニス]

5/12(金) 12:01配信

THE TENNIS DAILY

 スペイン・マドリッドで開催されている「ムトゥア マドリッド・オープン」(ATP1000/5月7~14日/賞金総額543万9350ユーロ/クレーコート)の男子シングルス3回戦で、第6シードの錦織圭(日清食品)がダビド・フェレール(スペイン)を6-4 6-3で破り、準々決勝に進出した。錦織はそこで、世界2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

錦織がフェレールとの13度目の対戦を制して準々決勝進出 [ムトゥア マドリッド・オープン]

     ◇   ◇   ◇

 13回目の錦織対フェレールは、キャリア700勝目を目指していた不屈の老兵に対する、錦織の9度目の勝利で終わった。バックハンドをダウン・ザ・ラインのオンラインに決めて観客をどよめかせ、第1セットの第1ゲームで最初のブレークを果たした錦織は、実際、4-1リードとするまで、楽々と試合を牛耳っているように見えた。

 フォアハンドの強打のコンビネーションや、折を見てのネットプレーでポイントを重ねた錦織は、ドロップショット、出てきたフェレールの頭上ぎりぎりを抜く軽いロブ、その隙にネットにつめてのボレー、という鮮やかな組み立てにより、2度目のブレークを果たす。しかし、この面白いような優勢のあとに、ちょっとしたチャレンジも待っていた。

 ここから奮起したフェレールは、強いストロークで振り回して浮き球を叩き、そこに錦織のアンフォーストエラーも加勢して、次のゲームでブレークを果たす。しかし、4-3からの錦織のサービスゲームでは、ラリーの勢いでは押し気味だったフェレールのほうが、数本のエラーをおかしてくれたおかげで、錦織は何とかキープに成功。5-4からのサービスゲームでも、フェレールがここぞというときにミスをおかしたおかげで、錦織はセットを先取した。

「4-1からのサービスゲームで少し焦ってミスが出たり、自分から打っていくのをやめてしまったりと、悪いテニスになりかかっていた。リードしながら挽回されることはよくあるが、少し怖い展開ではあったので、ラッキーもあったとはいえ、集中力を取り戻してその次のサーブをキープできたのは、大きかったと思う」と錦織は振り返る。

 この危ない傾向は、雨によるスタジアムの屋根の閉鎖を挟み、第2セット0-1からの錦織のサービスゲームまで続く。しかし、「2セット目も出だしは危なかったが、最初のサーブをキープしてからは、しっかりリズムをつくれた」と錦織が言った通り、2本のアンフォーストエラーのあとに、バックハンド・ストレートのウィナー、フォアハンドの強打に続くボレー、バックハンドのクロスを決めて手綱を締め直してからは、目に見えて錦織のプレーレベルが上がった。

 2-2からの相手のサービスゲームで、錦織がフェレールの強打を数回高いロブでしのぎ、その末にフォアハンドの逆クロスでポイントをもぎ取ったときには、母国の選手を応援していたはずのスペインの観客からさえ、「ブラボー!」と声があがった。回り込んでのフォアハンドのストレートを叩き込み、ノータッチエースでこのセット初のブレークを果たすと、流れは完全に錦織のほうへ。5-3からのフェレールのサービスゲームで、錦織はたちまち3マッチポイントをつかみ、最後は、錦織のバックハンドのダウン・ザ・ラインに対するフェレールの返球が、力なくラインを割った。

「勝ててうれしい。僕らのこれまでの対戦のように、長い試合になることを予想していたので、特に2セットで勝てて本当によかった」

 試合後、錦織が「2セットで勝てた」という言葉を数回繰り返したのは、過去の経験から、不屈のフェレール相手にこじらせると、勝負が長引くことを知っていたからでもあるのだろうが、何より、長い試合をすることが手首におよぼす負担を懸念していたからなのだろう。

「今のところ、予想していたよりも感触はいい。まだ違和感はあるがよくなってはきている」と、手首の状態を説明した錦織だが、また「どのくらいプレーできるのか、この手首がどのくらいもつのか、あと数試合はもちこたえるのか、それはよくわからない。毎日毎日、様子を見ていくしかない」とも言い添えた。

 しかし、手首への懸念は消えないにしろ、テニスのリズムのほうは着実によくなりつつあるようだ。

「昨日は復帰1試合目だったので、悪いのを前提で入り、そんなに期待はしていなかった。でも今日は昨日よりも攻めないといけない、という思いも強くあったので、それが1セット目から、自分が主導権を握れるようプレーできた要因でもあった。昨日よりは徐々によくなってきていると思う」と錦織は言う。

 そんな中、準々決勝の相手が、当たって砕けろの精神で向かっていけるジョコビッチであることは、そう悪いことではないかもしれない。

「僕はノバクに対し、あまり戦績がよくない(2勝11敗)。彼は堅固で、あまり弱点を持たない偉大な選手だ。彼を倒すには、ポジティブな考えを保ち、非常にいいテニスをプレーしなければならないだろう」と錦織は言う。「でもこれは、自分がどのくらいできるか見るための素晴らしい機会だ。明日の大きなチャレンジを楽しむよう努めたい」。

(テニスマガジン/ライター◎木村かや子)

Photo: May 11th 2017, Caja Magica, Madrid, Spain; Mutua Madrid Open tennis tournament; Kei Nishikori of Japan celebrates a point as he wins against David Ferrer of Spain in 2 sets (Photo by David Aliaga/Action Plus via Getty Images)

最終更新:5/12(金) 12:01
THE TENNIS DAILY