ここから本文です

波乱 王者マレーが世界ランク59位に敗れ、3回戦で姿消す<男子テニス>

5/12(金) 0:59配信

tennis365.net

ムチュア・マドリッド・オープン

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのA・マレー(英国)は20歳で世界ランク59位のB・チョリッチ(クロアチア)に3-6, 3-6のストレートで敗れる波乱に見舞われ、5年連続のベスト8進出とはならなかった。

【錦織vsジョコ 1ポイント速報】

この試合、チョリッチの強力なストロークにミスが先行したマレーは、3度のブレークを許し第1セットを落とす。続く第2セットもポイントを先行することが出来ないマレーは、第8ゲームで先にブレークされて敗退となった。

昨年のムチュア・マドリッド・オープンのファイナリストであるマレーは、初戦の2回戦で世界ランク104位のM・コピル(ルーマニア)を6-4, 6-3のストレートで下し、3回戦に駒を進めていた。

ムチュア・マドリッド・オープンには、今年で5年連続11度目の出場。2008・2015年にはタイトルを獲得、昨年は決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて準優勝に終わった。

その他のシード勢は、第6シードの錦織圭と第2シードのジョコビッチがベスト8進出を果たしたが、第5シードのM・ラオニッチ(カナダ)は3回戦で敗退となった。

一方、勝利したラッキールーザーで出場のチョリッチは準々決勝で、第8シードのD・ティエム(オーストリア)と第12シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:5/12(金) 0:59
tennis365.net