ここから本文です

夏涼しく、園児が緑のカーテンづくりに協力

宇部日報 5/12(金) 14:42配信

県スポーツ文化センターにゴーヤ

 山口市の維新公園にある県スポーツ文化センターで11日、近くのおおとり保育園(赤松康乃園長)の年長児32人が、緑のカーテン用のゴーヤの苗を植えた。地球温暖化防止の取り組みとして、施設を管理する県施設管理財団(平尾幸雄理事長)が、同園の協力で毎年実施しており、10回目。茂ったゴーヤは、同財団管理事務所の西側の窓を覆い、室温を下げる。

 平尾理事長らのあいさつの後、園児たちは、職員の手本に倣って1人1本のゴーヤを植え、じょうろで水をかけた。同財団職員の久保楓さんは「毎年、園児が植栽してくれるのを楽しみにしている。6月上旬から8月末までの間、窓が緑に覆われ涼しくなる」と喜んでいた。

最終更新:5/12(金) 14:42

宇部日報