ここから本文です

欧州食品安全機関、スクラロースの安全性確認 発がん性なし

健康産業速報 5/12(金) 13:35配信

 EFSA(欧州食品安全機関)は、甘味料のスクラロースと発がん性を結び付けるデータはないことを明らかにした。イタリア人研究者のモランド・ソフリッティ氏(Ramazzini研究所)が発表した研究結果に対するもの。

 ソフリッティ氏は動物実験の結果、スクラロースに発がん性があると報告していた。欧州委員会はこれを受けて昨年2月、同氏の報告が信頼できるものかどうか調査するようEFSAに依頼していた。

 今回EFSAは、「現在あるデータは、(ソフリッティ氏らの)見解を支持するものではない」と結論付けた。試験デザインが不十分なことから間違ったデータが生まれたと指摘している。

 国際甘味料協会(ISA)のロバート・ピーターソン会長はEFSAの見解を歓迎し、「スクラロースは安全であるとのグローバルな科学的コンセンサスと完全に一致するものだ」とコメントしている。

健康産業速報

最終更新:5/12(金) 13:35

健康産業速報