ここから本文です

クリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』、五感をゆさぶる緊迫の最新予告公開

ぴあ映画生活 5/12(金) 8:00配信

『ダークナイト』、『インターステラー』、『インセプション』など数々の話題作を生み出してきたクリストファー・ノーラン監督が、史上初の実話に挑む。描いたのは、第二次世界大戦下、民間の船やヨットまでもが総動員した史上最大の撤退作戦“ダンケルクの戦い”。まるで戦場に迷い込んだかのような臨場感溢れる最新予告映像が公開された。

『ダンケルク』最新予告映像

ドイツ軍によって、フランスの海辺町・ダンケルクに追い詰められた約40万人の英仏連合軍。本作では、必ず生き残ると誓い合った4人の若者たちのドラマが描かれる。公開された予告映像では、陸海空の3視点が同時に描かれ、時を刻む音が緊迫感を増していく。絶体絶命の状況下で、彼らは果たして生きて故郷に帰ることはできるのかーー。

「観客の皆さんをダンケルクの砂浜へ連れて行きたかった」と語るクリストファー・ノーラン監督。本作は、IMAX65ミリとラージ・フォーマット65ミリ・フィルムを組み合わせて撮影された。まさに五感を刺激するビジュアルが見どころ。キャストには、トム・ハーディ、キリアン・マーフィーなどチーム・ノーランの顔とも言える面々に加えて、『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したマーク・ライランス、監督としても才能を発揮しているケネス・ブラナーも名を連ねる。若き4人の兵士には、オーディションによって役を射止めたワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ、ノーラン直々に指名されたというフィオン・ホワイトヘッドら、次世代を担う俳優陣が抜擢された。

革新的作品で観客を熱狂させてきたノーランの最新作に早くもオスカー候補の呼び声も。映画史を塗り替える傑作の誕生となるか、期待が膨らむ。

『ダンケルク』
9月9日(土)より全国公開

最終更新:5/12(金) 8:00

ぴあ映画生活