ここから本文です

【動画】夕方頃にかけて大雨のおそれ 土砂災害に警戒が必要(12日18時更新)

5/12(金) 17:49配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 13日(土)は大雨を伴う荒れた天気に警戒が必要です。

 本州の南岸を通過する低気圧や前線の影響で、土曜日は大雨を伴う荒れた天気に警戒が必要です。

 土曜日の夕方にかけて予想される雨の量は四国地方250ミリ、九州地方・近畿地方200ミリ、東海地方150ミリ、奄美地方120ミリ、関東甲信地方・沖縄地方100ミリです。これは各地の1か月分の雨量に相当する量、またはそれ以上の雨の量です。土砂災害・落雷・突風などに警戒が必要です。

 雨のピークは西日本は土曜日午前9時頃にかけて、東日本は昼過ぎ頃の見込みです。沖縄地方・奄美地方はこの雨のタイミングで梅雨入りが発表される可能性がありそうです。

 雨が降っている時間帯の気温は上がらず、東京の日中の気温は19℃で4月中旬頃の気温の予想です。14日(日)の母の日の天気は回復するでしょう。
(気象予報士・崎濱綾子)

最終更新:5/12(金) 17:49
ウェザーマップ