ここから本文です

Apple Watchに新機能?アップルが睡眠センサーのスタートアップを買収

BUSINESS INSIDER JAPAN 5/12(金) 20:10配信

アップルはベッドでもあなたと一緒にいる存在になりたがっているようだ。

アップルは、睡眠センサーのスタートアップBedditを買収した。Bedditは5月8日月曜日(現地時間)、顧客に買収について告知し、アップルのプライバシーポリシーに従ってデータが収集されることを通知した。CNBCが、Bedditがウェブページで公表した内容を最初に伝えた。

この件について、米Business Insiderがアップルにコメントを求めたがまだ回答はえられていない。アップルはBedditの製品を150ドルで販売している(編集部注:日本では、税別1万8800円で販売)。

Bedditのセンサーは、薄い長方形の形状で、シーツとベットマットの間に挟んで使用する。iPhoneアプリ、あるいはApple Watchと連携して、ユーザーの心拍数、起床時間、いびきをモニター。収集したデータに基づいてユーザーの睡眠状態をチェックし、毎朝「最適な時間に」アラームを鳴らしてユーザーを起こす。

Apple Watchユーザーは、これまでも睡眠状態のチェック機能が追加されることを望んでおり、Bedditの製品はその解決策の1つだった。Bedditは自社ウェブサイトからアプリを削除しているが、App Storeでは引き続きダウンロード可能だ。

※編集部注:5月10日10時時点で日本語版のサイト(http://beddit.jp/)に買収に関する情報は見られない。

昨年末、アップルはApple Watchのマーケティングを、健康とフィットネスにフォーカスしたものに変更した。その取り組みは成果があったようだ。Apple Watchの第4四半期の売上高は、前年同期比の2倍となった。

同社CEOのティム・クック氏は、Apple Watchを使って1年で30ポンド(約13.6キロ)減量したと伝えられた。Apple Watchは同氏のお気に入りの製品であることを考えると、クック氏はBedditを買収し、自身の減量に続いて、睡眠の改善に取り組もうとしているのかもしれない。

[原文:Apple just bought a company that tracks your sleep (AAPL)]

(翻訳:増田隆幸)

最終更新:5/12(金) 20:10

BUSINESS INSIDER JAPAN