ここから本文です

38年前の町民歌、ポップ調に刷新 元チェッカーズ大土井さんが作曲 /千葉・酒々井

5/12(金) 11:40配信

千葉日報オンライン

 町の知名度向上策の一環として、千葉県酒々井町は38年前に制作された町民歌をポップなアレンジで刷新した。名付けて「酒々井町民歌2017」。町マスコット「井戸っこ(しすいちゃん)」が踊るミュージックビデオ(MV)も制作し、13日に同町中央台のプリミエール酒々井でお披露目する。

 町民歌は町制90周年を記念して1979年に制作。国民栄誉賞を受賞した歌手・作曲家の藤山一郎氏が作曲した味わい深い歌謡曲だが、昭和の雰囲気の残るスローテンポな曲調のため、近年は町の行事に使われることはほとんどなかった。

 そこで、子どもたちも含めた幅広い世代が親しみやすい曲へとリニューアル。町民歌の歌詞はそのまま活用する一方、作曲は元チェッカーズの大土井裕二さんに依頼。歌は声優の近藤佳奈子さんが担当した。

 MVは千葉テレビ放送が制作。井戸っこが曲に合わせて踊る約2分30秒のアニメーション動画で、子どもでも踊れるような簡単で楽しいダンスに仕上がっている。DVD千部を製作し、町内の学校や幼稚園、保育園に配布するほか、希望者への貸し出しも行う。今後、インターネットでの発信も検討する。

 町の担当者は「町のイベントで活用して浸透を図りたい。学校や幼稚園でも運動会などで子どもたちにダンスを踊ってほしい」と話す。

 お披露目イベントではMVを上映するほか、井戸っこや千葉テレビのゆるヒーロー「キャプテン☆C」も登場し、参加者と一緒にダンスする。

 イベントは午前10時開演(9時半開場)。事前申し込み不要。先着350人。問い合わせは町企画財政課、電話043(496)1171。