ここから本文です

宜興北海 17年海外受注高3割増へ

5/12(金) 13:42配信

日刊産業新聞

 日本の鏡板製造最大手の北海グループが中国に持つ宜興北海(本社=江蘇省宜興市、林俊夫董事長)は、2017年に海外受注高を400万ドル(約4億4000万円)と前年比3割増やす計画だ。日本の鉄鋼メーカーと商社との連携で構築した加工貿易システムを武器に化学プラントなどの圧力容器に使われる鏡板の海外案件を捉える。中国は価格競争が激しく、品質競争力を生かして豪州や台湾、東南アジアなどの需要家との関係を強め、継続受注を狙う。

最終更新:5/12(金) 13:42
日刊産業新聞