ここから本文です

5本のMPしのいで大逆転勝利のティエム、初のベスト8進出<男子テニス>

5/12(金) 11:47配信

tennis365.net

ムチュア・マドリッド・オープン

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、第8シードのD・ティエム(オーストリア)が第12シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を4-6, 6-4, 7-6 (11-9)の大逆転で破り、大会初のベスト8進出を果たした。

【錦織vsジョコビッチ1ポイント速報】

この日、第1セットを落としたティエムは、第2セットも今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で4強入りしたディミトロフにブレークされてリードを許す。

その後、2度のブレークに成功してセットカウント1-1に追いついたティエムは、ファイナルセットで5本のマッチポイントを握られ、崖っぷちに追い込まれた。しかし、強烈なフォアハンドのウィナーを決めるなどでピンチをしのぎ、最後はディミトロフからミスを誘い出して2時間34分で勝利した。

準々決勝では、世界ランク59位のB・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。チョリッチは3回戦で第1シードのA・マレー(英国)をストレートで破っての勝ち上がり。

同日の3回戦では、第6シードの錦織圭が元世界ランク3位のD・フェレール(スペイン)に6-4, 6-3のストレートで勝利し、ベスト8へ駒を進めた。準々決勝では第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と顔を合わせる。

その他では第4シードのR・ナダル(スペイン)が第16シードのN・キリオス(オーストラリア)を6-3, 6-1、第9シードのD・ゴファン(ベルギー)が第5シードのM・ラオニッチ(カナダ)を6-4, 6-2、A・ズベレフ(ドイツ)が第11シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を6-4, 6-4で下し、準々決勝進出を果たした。

tennis365.net

最終更新:5/12(金) 15:22
tennis365.net