ここから本文です

【インタビュー】セクシー男優界のアベンジャーズ! 話題のヒーロードラマに出演する森林原人、しみけんに直撃

トレンドニュース(GYAO) 5/12(金) 18:30配信

その男は半径2.5メートル以内にセクシー男優がいないと変身できない――。「超戦士・マグマイザー」と呼ばれるそのヒーローは、一般男性とはケタ違いの“マグマ粒子(精力や雄度)“を持つ選ばれし男性・神雄(カミオス)=セクシー男優の力を借りて変身。日本の少子化および人類滅亡をもくろむ黒の一族と戦うのだ――。

【無料配信】ドラマ「マグマイザー」第1話配信配信>>

本編制作のあてもないまま予告編映像が制作されるも、その奇想天外なアイデアがネットを中心に話題を集め、果ては海外にまで広がっていった「マグマイザー」。そんな異色作がまさかの連続ドラマ化を果たした。しかもスタッフには、「踊る大捜査線」や「海猿」を制作したROBOTをはじめ、超一流の精鋭たちが多数参加。本気の映像を生み出している。

主人公・烈にパワーを与える神雄(カミオス)に選ばれたのは大島丈、黒田悠斗、しみけん、田淵正浩、森林原人、吉村卓。名前は知らなくても、(男性なら)顔を見れば「ああ!」と合点してしまうこと必至の彼らは、まさに現代のセクシー男優界のアベンジャーズ。このスーパーヒーローが一堂に会するのは、本場のAVでもなかなか珍しい機会であり、まさにこのドラマで奇跡の巡り合いを果たしたといえる。そこで今回は、そんな神雄(カミオス)の中から、しみけん、森林原人というツートップに直撃。本ドラマの撮影を終えた思いを聞いた。

■トップに君臨するセクシー男優たちが集結

――本ドラマにお二人は俳優として参加したわけですが、撮影を振り返ってみていかがですか?

森林: 「セクシー男優の仕事は、1本の作品を撮り終えたら次の現場、次の仕事に向かう日雇い系なんですが、『マグマイザー』の撮影には7日間参加しました。ひとつの作品、同じメンバーでこれだけ長い期間一緒に仕事をするのは初めてのことでチームという特別な一体感が芽生え、解散するときはさみしかったです」

しみけん: 「気分的にはディズニーランドの帰り道みたいでしたね。ディズニーランドの中では、夢を見ていて楽しいんですけど、門を出ると現実に戻ってさみしい気持ちになるような。」

――これだけのトップセクシー男優さんたちが集まると壮観です。

しみけん: 「みんな忙しい人たちばかりですからね。スケジュール調整が大変だったかもしれませんが、吉村卓さんはこんな真っ昼間にお台場をパンツ一丁で歩くことができるなんて一生に一度しかない、と喜んでいましたよ」

1/4ページ

最終更新:5/12(金) 18:30

トレンドニュース(GYAO)