ここから本文です

サカナクション デビュー10周年「5人で一致団結してまた頑張っていきたい」

TOKYO FM+ 5/12(金) 20:00配信

サカナクションの山口一郎が5月11日、TOKYO FMのレギュラー番組に生出演。5月9日にデビュー10周年を迎えたサカナクションですが、今回はドラムの江島啓一に突然電話をかけて、今の心境を聞いてみました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」5月11日放送分)

◇◇ ◇◇
山口:今、何してんの?

江島:打ち合わせという名のご飯を……。

山口:飲んでんの?

江島:軽くね(笑)。

山口:これ、生放送だから言っちゃいけないことは言うなよ! 10周年を迎えましたけど、どうですか?

江島:10周年ってそんなに特別じゃないって思ったんだけど、案外グッときたね。

山口:“10周年が特別じゃない”のはどうして?

江島:アルバムを作らなきゃいけなかったり、ツアー中だったりしていろんなことが続いてるじゃん? だからそんなに節目な感じがしなかったというか……。

山口:そうだよね。でも10年ってあっという間だったよね。この調子だと20年もあっという間だろうって思うよね。

江島:そうだね。頑張り次第では、あっという間なんだろうなって思った。

山口:ベースの(草刈)愛美ちゃんが結婚して子どもが出来て、レコーディングの仕方が変わったりしてね。ここ2年くらいは変化があったよね。新しいアルバムもそのスタイルで作っていかなきゃいけないんだけど、そこで生まれてくるものも楽しみだよね。

江島:そうだね。愛美ちゃんが子どもを産んでから、初めてのアルバムだしね。

山口:まぁ、これからも頑張りましょうよ。

江島:はい。頑張りましょう!

山口:あんまり飲みすぎないようにね!
◇◇ ◇◇

電話を切ったあと、山口は次のように話しました。

10年やっているといろいろあったんですよ。江島くんとも「表出ろ!」みたいなのも2回ほどあったし、泣きながらスタジオで演奏したこともありました。あとデビューしてまだ東京に出てきていなかった頃に、渋谷のO-EASTかO-nestでライブをやったの。でもそれがボロボロで、向かいのコンビニの前で当時の担当の人と5人で「頑張ろう」って話をしたの。「オリコンで1位をとろう」って。別にオリコンを狙っているわけじゃないけど、やるからにはトップをとってみようよと。大人になると熱くなることもどんどん減っていくじゃん。でも仕事で気持ちが熱くなれて、音楽をやっていて良かったと思いました。10周年を迎えて僕らの次の目標も定まってきたから、そこに向けて5人で一致団結してまた頑張っていきたいなと思っております。

僕は音楽だけど、みんなにも学校とか仕事とか向かっていくものがあると思う。仕事をし始めると、何年も続けていかないといけなくなると思うのよ。その中では人間関係とか苦しいこともいっぱいあると思う。でも続けていくとね、絶対何かが開けてくるから。だから苦しい瞬間も、それを続けた未来の自分をイメージしながらやるといいのかなと思う。それでダメならやり直したらいいし、早く失敗したほうがいいと思います。すぐまたやり直しがきくからさ! だからいろいろと考えながら、みんなの人生を生きていってほしいと思います。僕も音楽を頑張っていきたいなと思います。

最終更新:5/12(金) 20:00

TOKYO FM+