ここから本文です

チェルシーなどが注視していた主力MFの放出阻止に成功! ウェストハム、アントニオと契約延長

theWORLD(ザ・ワールド) 5/12(金) 16:30配信

「最高の選手」と会長も絶賛

ウェストハム・ユナイテッドは11日、イングランド代表MFマイケル・アントニオとの契約を2021年まで延長したことを発表した。

現在27歳のアントニオは、たび重なるレンタル移籍を経て2015年夏にウェストハムへ加入。同クラブではこれまで、公式戦69試合に出場し18ゴールを記録している。そして、ウェストハムでの活躍が認められ、昨夏からイングランド代表に招集されているが、デビューには至っていない。

そんなアントニオはクラブの公式サイトを通じて「僕はここで過ごす時間が大好きだ。だから、新しい契約にサインできたことは本当に嬉しいよ。会長にも感謝したい。子供のころからの夢だったイングランド代表にも選ばれたし、今後はさらに良いものにしていきたいね」と喜びを語った。

現在アントニオはハムストリングの負傷により、戦線離脱を余儀なくされているが、クラブの会長を務めるデイビット・サリバン氏も「最高の選手を維持することができた。マイケルは一生懸命にリハビリへ励んでいる。来季は、さらに強くなって戻ってきてくれることを楽しみにしているよ」とコメントしており、大きな期待を明かしている。

チェルシーなどいくつかのクラブがアントニオの獲得に興味を示していたようだが、見事ウェストハムは主力MFの放出阻止にこぎつけた。復帰後のアントニオのさらなる飛躍に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/12(金) 16:30

theWORLD(ザ・ワールド)