ここから本文です

航空機誘導路を歩こう 空自三沢6月4日見学会

デーリー東北新聞社 5/12(金) 14:50配信

 航空自衛隊三沢基地は、6月4日に三沢市の基地内で開く若者や子どもが対象の見学会「ちびっ子ヤング大会」で、航空機が滑走路に進入する経路「タクシーウエー」(誘導路)を歩く初のイベントを実施する。滑走路工事に伴い航空機が離着陸できない状況を逆手に取り、二度とないかもしれない機会を楽しんでもらう。

 見学会は自衛隊の活動への理解を深めてもらう狙いで毎年開催。今回は対象を青森、岩手、秋田3県在住の4歳~大学生とした。小学生以下は保護者の同伴が必要だ。

 タクシーウエーは通常、航空法で人の立ち入りが制限されている。今回は滑走路工事期間(5月10日~7月5日)を活用し、経路の一部分の200メートル程度を歩いてもらう試み。雨天の際は飛行場地区見学となる。

 航空機では、回転翼が二つある大型輸送ヘリコプターのCH47J(愛称・チヌーク)とF2戦闘機を地上展示。このほか、制服やヘルメットの試着コーナーなども予定している。

 当日は第1部が午前9時~10時半で、第2部は午前11時半~午後1時。それぞれ15分前までに基地正門前の受付場所に集合する。応募は5月29日までだが、1、2部とも保護者を含め定員の先着100人に達した時点で締め切る。

 申し込みや問い合わせ等は航空自衛隊三沢基地第3航空団司令部監理部渉外室広報班=電話0176(53)4121、内線3313=へ。受付時間は平日の午前8時15分~午後5時。

デーリー東北新聞社

最終更新:5/12(金) 14:50

デーリー東北新聞社