ここから本文です

BAND-MAID、“メイドの日”に初の全国ワンマンツアーがスタート

5/12(金) 18:28配信

MusicVoice

 【レポート】メイドがロックする女性5人組バンドのBAND-MAID(バンドメイド)5月10日(メイドの日)に、東京キネマ倶楽部でワンマンツアー『初One-manお給仕Tour 2017』の初日公演をおこなった。今年1月にリリースされた1stフルアルバム『Just Bring It』を引っさげ、キネマ倶楽部を皮切りに、6月15日の恵比寿LIQUID ROOMまで全国6カ所8公演をおこなうというもの。『Just Bring It』収録楽曲を中心に全19曲を披露。お給仕中盤では彩姫(Vo)とKANAMI(Gt)によるアコースティックコーナーも披露。MCでは7月19日にメジャー2ndシングルとなる「Daydreaming / Choose me」のリリースを発表した。

 バンド初のワンマンツアーの初日ということもあり、チケットは即日完売し、多くのご主人様、お嬢様が集まり、超満員となった。会場内にSEが鳴り響くと、シャンデリアが吊るされ、「洋館」を感じさせるステージにメイド達が登場すると、会場を埋め尽くしたご主人様、お嬢様は早くもヒートアップし、熱気が会場を包んでいく。

 疾走感溢れるヒットチューン「Don't you tell ME」でオープニングを飾り、代表曲「REAL EXISTENCE」、バンドの高い演奏力を堪能できる「Unfair game」、「Take me higher!!」と立て続けに演奏し、会場を煽り続ける。小鳩ミク(Gt/Vo)のMCを挟んだ後も、インディーズ時代の楽曲を織り交ぜつつ、1stフルアルバム「Just Bring It」収録楽曲を中心にお給仕は展開していく。

 中でも、海外でも人気の高い「alone」で観客のボルテージが最高潮に達した。お給仕の中盤では、「メイド(5月10日)の日」ということで、この日限定の特別な演出として、彩姫(Vo)とKANAMI(Gt)によるアコースティック編成で、「Awkward」「YOLO」の2曲を披露した。彩姫の艶のある声とKANAMIの温かいアコースティックギターの音色が会場にこだまし、観客はメイド達の新たな世界観に魅き込まれていった。

 アコースティックでの演出が終わると、小鳩ミクとMISA(Ba)、AKANE(Dr)が登場し、こちらもお給仕では珍しいグッズ紹介をおこなった。ここで、小鳩による恒例の”おまじないタイム”に入ると思わせつつ、メジャー2ndシングル「Daydreaming / Choose me」発売をサプライズで発表。尚、初回生産限定盤には、バンド初のお給仕(ライブ)映像が付いてくるとのこと。
その流れで、恒例の”おまじないタイム”が始まり、ツアー初日から、「萌え萌え!」「キュンキュン!」の大合唱が響き渡る。

 お給仕の終盤には、BAND-MAIDのブレイクのきっかけとなった「Thrill(スリル)」、「Don't let me down」をパフォーマンスし、今日一番の盛り上がりを見せ、ダイブ、モッシュで観客が暴れまくる。

 ラストは、お給仕の新定番になりつつある「secret My lips」で締め、記念すべき「メイドの日」におこなわれた、初の全国ワンマンツアーの初日公演は全19曲を披露し、終了した。2017年の夏は、全国ツアーを始め、SUMMER SONIC 2017等の大型ロックフェス出演も決まっており、BAND-MAIDの本格的なブレイクポイントになるのは間違いない。

■セットリスト

「初One-manお給仕Tour 2017」

5月10日 東京キネマ倶楽部

1.Don't you tell ME
2.REAL EXISTENCE
3.Unfair game
4.Take me higher!!
5.decided by myself
6.So,What?
7.Shake That!!
8.alone
9.FREEDOM
10.Before Yesterday
11.matchless GUM
12.Puzzle
13.the non-fiction days
14.Awkward ※アコースティックver
15.YOLO ※アコースティックver
16.Thrill(スリル)
17.Don't let me down
18.you.
19.secret My lips

最終更新:5/12(金) 18:28
MusicVoice