ここから本文です

アヤックス欧州の舞台で21世紀初の決勝へ「歴史を作れると信じている」

5/12(金) 23:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

リヨン相手に合計スコアで上回る

アヤックスは11日、UEFAヨーロッパリーグ準決勝2ndレグでリヨンと対戦した。アヤックスは3-1で敗れるも、1stレグで4-1と勝利を収めていたため、アヤックスが決勝への切符を手にしている。

アウェイで先制するも2点、3点と返され、逆転負けの可能性も高まりつつあったが、3点に抑えきった。死闘を繰り広げ、やっとつかみ取った決勝への切符にアヤックスのピーター・ボス監督は歴史を作りたいと語った。

「2試合を通して、我々は決勝進出に値したよ。とても素晴らしい気分だ。マンチェスター・ユナイテッド相手に試合ができることはとても嬉しいよ。本当に素晴らしい相手だ。歴史を作れると信じている。決勝でプレイすることは良いことだが、もちろん勝つためにプレイするよ」

かつては名門としてヨーロッパでも恐れられていたアヤックスだが、ここ最近ではその力は影を潜めていた。最後にヨーロッパの大会で決勝進出したのは1996年まで遡る。名門復活を懸けた大一番に挑む相手も、アレックス・ファーガソン氏退任以降、波に乗れていない名門マンチェスター・ユナイテッドだ。名門復活を懸けた両者の戦いは、今月24日に行なわれる。

https://www.theworldmagazine.jp