ここから本文です

嘉手納基地での降下訓練を批判

ホウドウキョク 5/12(金) 15:49配信

パラシュート降下訓練を行った在日アメリカ軍を批判した。
稲田防衛相は「米側から十分な説明もなく、事前に日米で認識を共有するに至らないまま、嘉手納飛行場で訓練が行われたということは、大変遺憾」と述べた。
在日アメリカ軍が、10日、沖縄県の嘉手納基地でパラシュート降下訓練を行ったことに関して、稲田防衛相は、「嘉手納基地は例外的な場合に使用されるという認識を日米で共有している」と指摘した。
そのうえで、今回の訓練が「例外的な場合にあたるとは考えていない」と述べ、日米両政府が1996年に合意した「SACO最終報告」に反するとの認識を明らかにするとともに、嘉手納で降下訓練を行わないよう、アメリカ側に求めていく考えを示した。

最終更新:5/12(金) 15:49

ホウドウキョク