ここから本文です

憲法改正 自民党内で異論続出

ホウドウキョク 5/12(金) 18:39配信

自民党の憲法改正推進本部は、安倍首相が2020年の憲法改正を表明して以降、初めての会合を開き、出席者から疑問の声が相次いだ。
自民党憲法改正推進本部の船田 元本部長代行は「少し唐突な感を否めなかったという点はある。行政の長という立場で、物事をこの点について言うことは、ちょっとそこは我慢をしていただきたかった」と述べた。
安倍首相が、自民党に諮らず、憲法9条の自衛隊の明文化や、憲法改正の時期などに言及したことについて、憲法改正推進本部の出席議員から異論がでたほか、石破氏は、自民党の憲法改正草案と安倍首相の考えに隔たりがあることに不快感を示した。
自民党の石破 茂前地方創生相は「『あの憲法改正草案はなし』が、総裁の発言1つで決まるなら、何をやっても総裁の一言でひっくり返るのなら、誰もやらなくなる」と述べた。
一方、中谷前防衛相は、「自衛隊を認めるということは意味がある」と述べ、安倍首相の発言を評価した。

最終更新:5/12(金) 18:39

ホウドウキョク