ここから本文です

藤井聡太四段(14)が17連勝

ホウドウキョク 5/12(金) 21:44配信

将棋の藤井聡太四段(14)が、記録の更新をかけ大阪で対局し、見事勝利し、連勝を17に伸ばした。
史上最年少の14歳2カ月でプロ入りして以来、公式戦で無傷の16連勝を記録して、12日の対局に臨んだ藤井聡太四段。
午前10時、およそ15台のカメラ、40人の報道陣が見守る中、17連勝がかかった対局が始まった。
12日は、七大タイトル戦の1つ「王将戦」の1次予選で、西川和宏六段(31)相手に戦い、勝負は序盤から熱い戦いが続いたが、藤井四段が西川六段を下し、連勝を17に伸ばした。
藤井四段は「事前に想定していた展開ではなく、形勢も難しいと思って指していた。最後は勝ちになってよかった」と話した。

最終更新:5/12(金) 21:44

ホウドウキョク