ここから本文です

米携帯業界3位に経営統合提案へ

ホウドウキョク 5/12(金) 23:09配信

アメリカの携帯電話子会社の経営統合を提案する方針。
ソフトバンクグループが、アメリカ携帯電話業界3位の「TモバイルUS」に対し、ソフトバンクグループの子会社「スプリント」との経営統合を提案する方針であることがわかった。
2013年に、アメリカ4位のスプリントを買収した際、「TモバイルUS」の買収も検討したが、当時のオバマ政権が寡占化を懸念したことなどから、断念していた。
しかし、トランプ大統領が就任し、規制緩和が期待されることから、両社の経営統合を進めたい考え。
孫社長は、10日の会見でも「Tモバイルは本命」と述べていて、統合が実現すれば、1位のベライゾン・コミュニケーションズや、2位のAT&Tに匹敵する規模となる。

最終更新:5/12(金) 23:09

ホウドウキョク