ここから本文です

パーカーとレナード欠場のスパーズがロケッツに圧勝、ウォリアーズとの西地区決勝へ

5/12(金) 12:42配信

バスケットボールキング

 5月12日(現地時間11日)にNBAプレーオフのウェスタンカンファレンス準決勝第6戦がトヨタ・センターで行われ、サンアントニオ・スパーズがヒューストン・ロケッツと対戦した。

 第1クォーターは同点で迎えた残り5分11秒からジョナソン・シモンズ、ラマーカス・オルドリッジの連続得点でリードを奪う。さらに同21秒からカイル・アンダーソン、マヌ・ジノビリが加点し、31-24で最初の12分間を終えた。

 第2クォーターは開始41秒のパティ・ミルズの3ポイントシュートを皮切りに5連続得点をマーク。突き放しに成功すると、計30点を積みあげて61-42で前半を折り返した。

 第3クォーターはラマーカス・オルドリッジが1人で12得点を挙げる活躍。順調に点差を広げ、最終クォーターに突入した。

 最後の12分間に入っても攻撃の手を緩めず相手を上回る27点を記録。守っては相手の得点をわずか11点に抑え、最終スコア114-75の39点差で圧勝した。スパーズはトニー・パーカーとカワイ・レナードを負傷で欠いたものの、オルドリッジが34得点12リバウンドの大活躍を見せ、ゴールデンステート・ウォリアーズが待つ西地区決勝へ駒を進めた。

【試合結果】
サンアントニオ・スパーズ 114-75 ヒューストン・ロケッツ

BASKETBALL KING