ここから本文です

歌って食べて健康に コーラス会、6月発表会 横浜

カナロコ by 神奈川新聞 5/12(金) 14:57配信

 歌と食事で健康になろう-。横浜市都筑区の「県民コーラスの会 トライアングル」は6月、発足以来初めての発表会を催す。プロの指導を仰ぎながら、同市中区のレストラン「英一番館」で月1回の練習を重ねてきた。健康を心掛けた発声と食事を大切にしている。

 昨年1月に発足し、会員は50人。毎月16日のレッスンには市内をはじめ、東京や伊豆といった県外在住者も集まり、元宝塚歌劇団の大原ますみさんの指導を受けている。

 発声の基礎はもちろん、手拍子やダンスで積極的に体を動かし、練習後にはバランスの取れた食事を提供。星名ふさこ代表(77)は、「歌うことは唾液の分泌や免疫力を増加させ、音楽は癒やしになる。心と体を解放する楽しさを感じて、若さと元気を保ってほしい」と語る。

 初回から参加する南朝子(ともこ)さん(77)=静岡県東伊豆町=は、「横浜に住む娘に勧められ、療養先の稲取から通っている。歌うことで自然と笑顔になり、呼吸も楽になった。レッスン後は食事がおいしく食べられ、仲間との会話も元気の源」と話す。

 県民ホール・小ホール(中区)で開く発表会は6月18日午後1時から。千円。全席自由。1部は「音楽と健康、これからの医療」をテーマに医師による講演会。2部は童謡や歌謡曲、オリジナル曲などを披露する。問い合わせは、同会電話045(594)6347。

最終更新:5/12(金) 14:57

カナロコ by 神奈川新聞