ここから本文です

6月9日開業のコンラッド大阪、客室やロビーを初公開

Lmaga.jp 5/12(金) 13:00配信

6月9日に開業を迎えた大阪・中之島のスマート・ラグジュアリーホテル「コンラッド大阪」(大阪市北区)の客室やロビー、スパ&フィットネスのフロアなどが11日、報道陣に公開された。

【写真】40階の「アトモス・ダイニング」はブッフェレストラン。西向きでサンセットが楽しめる(コンラッド大阪、5月11日)

館内には、ロビーエントランスの名和晃平作品「Fu/Rai」をはじめ、389点の現代アートがいたるところに。フェスティバルタワー・ウエストの33階から40階を占める同ホテルの「雲をつきぬけて」というコンセプトにともない、レストランや客室、チャペル、宴会場などには「天の川」や「南十字星」など星をモチーフにしたアートワークがほどこされ、日本の代表的な工芸である「漆」をアクセントに、モダンななかにも温もりのある空間となっている。

総支配人のカラン・シン氏は「ただ単に宿泊するだけではない、わくわくする経験、インスパイアされる滞在を楽しんでほしい。ホテルにステイするということは、その街にも出会うこと。一歩進んだ旅のスタイルを提供したい」と語った。

最終更新:5/12(金) 13:46

Lmaga.jp