ここから本文です

コヤブソニック復活「今年も驚いてもらえる」

5/12(金) 16:06配信

Lmaga.jp

吉本新喜劇座長・小籔千豊が主宰する音楽イベント『コヤブソニック』が、3年間の充電期間を経て、今年11月に復活。その発表会見が12日、大阪市内でおこなわれ、主宰の小籔が意気込みを語った。

【写真】2014年のコヤソニにカツラを被って駆けつけた笑福亭鶴瓶

小籔が以前に組んでいたラップグループ・ビッグポルノを広めるため、2008年にスタートした同フェス。2014年に同グループが解散したことから、その年の開催を最後に終了していた。「下ネタラップグループが解散するんやったら、フェスも閉じるのが筋やろうと。でも10年目でまたできたら良いなとずっと思っていて」と、小籔が新喜劇のメンバーと新たなバンド活動を始めたことから、フェスを復活させることに。「僕がドラムをうまくなるまでやめとこかと思ったんですけど、そしたら僕60歳超えてまうんで(笑)。僕の成長を見守っていただきながら、音楽とお笑いを楽しんでいただければ」と話す。

出演者の第1弾として、小籔のバンド・吉本新喜劇ィズと、吉本新喜劇の池乃めだかが発表された。「音楽と笑いの融合」をテーマに、過去には小泉今日子や小林幸子、AKB48、斉藤和義らの出演や、お笑い芸人との貴重なコラボなどで評判を得てきた同フェスだが、「今年も驚いていただけることは間違いないと思います」と、今後随時発表される出演者に自信を見せた。日程は11月3~5日の3日間で、会場は「インテックス大阪」(大阪市住之江区)で開催。コヤソニグッズが特典で付くチケット(3日間通し券)は5月13日からWEBで先行販売される。

最終更新:5/12(金) 21:05
Lmaga.jp