ここから本文です

嵐・相葉雅紀、ドラマ撮影中のある行動をスタッフが暴露!「すごい顔で……」

E-TALENTBANK 5/12(金) 17:27配信

11日放送のフジテレビ系「VS嵐」で、嵐の相葉雅紀が、主演を務める月9ドラマ「貴族探偵」での撮影エピソードを暴露される場面があった。

番組ではオープニングトークで二宮和也が「貴族探偵」のセカンドカメラマンから、相葉に関する情報があると話す。そのカメラマンは、もともと「VS嵐」のカメラマンとしても活動していたことから相葉とも面識があるそうだが、二宮は「毎回カット数の多い現場で、撮影の後半になると相葉さんが僕の所にこっそり近づいてきて、すごい顔で『あとどのくらいで終わるの?』(と聞いてくる)」とタレコミ情報を読み上げた。

カメラマンは相葉が凄い顔をして聞いてくるので「いつも少なめに答えています」という。相葉は台本にカット数が書いてあるのだがいつも見せてもらえず「『あと20(カット)くらいですかね』って。いつも少なく言ってたのか」と納得した様子で撮影時を振り返る。二宮も「たぶんその時は36(カット)くらいありますよ」とコメントし会場の笑いを誘っていた。

相葉は「貴族探偵」の撮影時間が長いと話し、「こないだ朝の5時までとか(撮影してた)」と明かしスタジオを驚かせた。これを聞いた櫻井翔は、現在撮影中の映画で「夜2時、3時になるな」と感じる長丁場のシーンがあったとエピソードを語る。しかし実際に撮影してみたら夕方4時に終了したそうで、メンバーも「逆もあるよね」と撮影時の“あるある”について語っていた。

現在放送中のドラマ「貴族探偵」は麻耶雄嵩の原作小説を映像化したもの。相葉は年齢・家族・住所などが一切不明の、自らを“貴族”と名乗る探偵の青年を演じている。

株式会社イータレントバンク

最終更新:5/12(金) 18:28

E-TALENTBANK