ここから本文です

米兵死亡の滝つぼ、案内板を撤去し通路閉鎖 沖縄「タナガーグムイ」

沖縄タイムス 5/12(金) 9:45配信

 沖縄県国頭村の普久川にある滝つぼ「タナガーグムイ」で女性の米空軍兵(19)が転落して死亡した事故を受け、県は11日、県道70号にある滝つぼまでの案内板を撤去した。

 沖縄県北部土木事務所は「村から撤去してほしいとの要望があり、人が立ち寄らないよう撤去した」と説明。案内板は1987年に設置されたという。

 10日には、タナガーグムイまでの通路を管理する沖縄森林管理署が入り口2カ所をロープで閉鎖。沖縄防衛局は、在沖米四軍調整官事務所に「タナガーグムイへの立ち入り禁止について」と題した文章を手渡し、米軍関係者に立ち入らないよう求めた。

 北部訓練場として使用されていたタナガーグムイ一帯の森林は、昨年12月に村に返還。返還後、土壌の原状回復などの支障除去作業をするため、沖縄防衛局が土地を管理する。

 防衛局は、村や消防など関係機関と調整して立ち入り禁止処置を検討する。

最終更新:5/12(金) 13:50

沖縄タイムス