ここから本文です

日ハム“大花火大会”!1950年の球団記録に並ぶ7本塁打で大勝

5/12(金) 21:11配信

ベースボールキング

○ 日本ハム 15 - 1 ロッテ ●
<7回戦 東京ドーム>

 日本ハムが7本塁打15得点でロッテに大勝した。

 0-0で迎えた2回、一死走者なしで大田泰示がロッテ・涌井から先制の2号ソロを放った。

 すると、1点リードで迎えた3回には、二死から近藤健介が3号ソロを右翼席に叩き込むと、中田翔が四球で出塁、レアードが8号2ランを放って、リードを4点に広げた。

 さらに、4回には先頭の大田泰が四球で出塁。市川が犠打、石井は空振りに倒れて二死となるも、続く西川が3号2ラン。6-0とした。

 それでも日本ハムの勢いが止まらない。6-1で迎えた5回裏には、先頭の近藤が右安打で出塁すると、一死二塁からレアードが2打席連続9号2ランをバックスクリーン上段へ放り込んだ。続く田中賢介が中安打で出塁すると、大田泰もこの日2本目となる3号2ラン。ロッテのエース涌井から6本塁打10点を奪い、引きずり下ろした。

 しかし、ロッテ2番手・大嶺祐太も日本ハムの餌食に。石川、石井にいきなり連続安打を浴びると、西川を四球で歩かせ満塁に。すると、一塁細谷の本塁への悪送球で二者が生還した。さらに、一死二三塁で渡辺が三ゴロに倒れる間に三走の西川がホームを踏んで追加点を奪う。なお、二死二塁の場面でこの回2度目の打席となる中田翔。本人も「打った瞬間やったね。みんなの流れに便乗したよ」という会心の当たりは左翼席に吸い込まれた。日本ハムはこの回、一挙9得点を奪い、リードを14点に広げた。

 日本ハムは1950年5月31日の毎日戦で記録した球団記録の1試合7本塁打に並んだ。

 ロッテはエース・涌井が5回途中6本塁打を含む9安打10失点でノックアウト。3連敗を喫した。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ