ここから本文です

メルセデスF1に“スプーン型キバ”。スペインに多数の空力アップデートを導入、エンジンも変更

オートスポーツweb 5/12(金) 7:30配信

 メルセデスF1チームがスペインGPに大規模な空力アップデートを持ち込んできた。W08のノーズ下に、深くえぐられた形状のラジカルなターニングベーンが装着されているのが、木曜に目撃されている。

【関連写真】2017年F1第5戦スペインGP木曜 メルセデスW08に導入された空力アップデート

 序盤4戦、フェラーリと優勝争いをし、2回敗れたメルセデスは、現在タイヤのデグラデーションの問題を解決することに集中的に取り組んでいる。同時にマシンのパフォーマンス向上を狙い、スペインに多数の新パーツを持ち込んできた。

 木曜の時点で最も目立つ変化は、ノーズ下のターニングベーンで、スプーンのようにえぐれた形状のものがマシン両側に装着されている。
 これはフロントウイングからの空気の渦をより最適な形でコントロールすることを狙ったものであるとみられる。

 メルセデスはその以外にも、r字型の3つのアップスタンドを備えたバージボード、ウイングレット、カメラマウント、リヤタイヤ前のフロア、リヤウイング、モンキーシートなど、新しいものを持ち込んでいる。



 さらにエンジンもアップデート、信頼性を改善した新しいエンジンがルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの2台に搭載される。

 メルセデスはシーズン序盤から重量削減にも取り組んできた。重量が重くてバラストが使えないことがマシンバランスやタイヤの面でマイナスになっているからだ。この面についてはまだ十分ではないとボッタスは考えている。

「僕らはマシンのあらゆる面、つまりメカニカル、空力、そして重量について、どんどん向上している」とボッタス。
 
「まだ重量を含めこういったエリアにおいてやるべきことは多いが、いい状態に近づいてきている。それによってより優れたパフォーマンスを発揮できるようになってきている。でもこれからまだまだたくさんのポテンシャルを引き出せるといいね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/12(金) 11:44

オートスポーツweb