ここから本文です

稀勢の里間に合った!出稽古で自信、3連覇に挑む夏

日刊スポーツ 5/12(金) 9:59配信

 左上腕付近に負傷を抱え、急ピッチで調整してきた大相撲の横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が11日、夏場所(14日初日、東京・両国国技館)の出場を決めた。師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)が明らかにした。出場を後押しするように、北斗の拳の化粧まわしを贈ったコアミックスから北斗3兄弟の懸賞がつくことも分かった。37年夏の双葉山以来80年ぶりの初優勝から3場所連続優勝に挑む。

【写真】北斗の拳ラオウの化粧まわしの後ろに立つ稀勢の里

 短い言葉に決意がこもった。朝、田子ノ浦親方から電話を受けた稀勢の里は答えた。「大丈夫です。やれます」。その意を受けた師匠が出場を宣言した。

 「出場します。休場しません。『大丈夫か』と聞いたら『大丈夫です』と。病院にも行っているし、相撲が取れている。取れないなら場所には出させられないし、出ない。今までずっとやってきているから、やってくれると思います」

 何とか間に合った。巡業を全休して懸命な治療と下半身強化に取り組んできた。番付発表後も非公開で調整。そして、初めて5日も連続で出稽古を行った。十両や軽量力士から始め、元大関琴奨菊の馬力を受け止められるまでになった。差すだけだった左も、生命線のおっつけを出せるまでに至った。前日の出稽古後に「十分にいい仕上がりになった」。自信を得て、出場を決めた。この日はようやく休養して疲れを抜いた。

 もちろん、だからといって万全になったわけではない。ただ「元々、相撲に対して一生懸命。真摯(しんし)に横綱の立場を受け止めてやってくれると思う」と師匠は期待を込める。その姿を、ラオウら北斗3兄弟がさらに後押しする。

 北斗の拳の化粧まわしを贈ったコアミックスから懸賞も、15日間通しでつくことになった。懸賞幕のデザインは北斗3兄弟。初日こそ全体の本数が多いため自らのラオウのみだが、2日目以降は太刀持ちと露払いがそれぞれ着けるケンシロウとトキもつく。横綱の計らいで、太刀持ちと露払いを務める力士にも1本ずつ懸賞が掛けられるという。「着けているだけで見えない力が湧いてくる」と感じた三つぞろいに加えて懸賞も、背中を押してくれる。

 優勝争いに絡むことが横綱の使命と言ってきた。双葉山以来80年ぶりの初優勝から3連覇に挑む夏。「世紀末覇者」を名乗ったラオウのように膝などつかず、試練の土俵を戦い抜く。【今村健人】

最終更新:5/12(金) 10:48

日刊スポーツ