ここから本文です

米国債:小反発、株安が支え-30年債入札不調で上げ余地は限定

Bloomberg 5/12(金) 5:21配信

11日の米国債相場は小反発。朝方は米国株が大幅下落したことに支えられた。この日の30年債入札がやや不調に終わったことが長期債相場への重しとなり、午後は上昇幅が抑えられた。

ニューヨーク時間午後3時44分現在、10年債利回りは前日比2.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.39%。

30年債入札の最高落札利回りは3.05%と、発行前取引の利回りを1.3bp上回った。投資家の需要を測る指標の応札倍率は2.19倍で昨年11月以来の低水準となった。

原題:USTs Gain as Early Stock Fall Underpins; Soft 30Y Auction Weighs(抜粋)原題:U.S. Treasury 30-Year Bonds Yield 3.05% at Auction(抜粋)原題:Treasury 30-Year Sale Draws Weakest Demand Since November: Chart(抜粋)

Edward Bolingbroke

最終更新:5/12(金) 5:21

Bloomberg