ここから本文です

卒業シーズンの米国、一押しプレゼントは腕時計-5600万円の高級品も

Bloomberg 5/12(金) 15:19配信

時間の大切さを教える腕時計を卒業のプレゼントとして贈ることは、昔ながらの伝統だ。卒業祝いの腕時計は成果成就のシンボルであるだけではなく、贈られた若者に静かに内省を促す一品でもある。以下に年齢を問わず卒業生向けに一押しの腕時計を挙げてみた。

大学進学者向け

「ノモスグラスヒュッテ・クラブキャンパス」シリーズの腕時計は大学進学者向けにぴったり。名前に「キャンパス」という言葉が含まれているのだから。文字盤はローマ数字とアラビア数字、バーインデックスで構成されている伝統的なカリフォルニアダイヤルだ。価格は1500-1650ドル(約17万-19万円)。

強い印象を残したいインターン向け

大学を卒業したインターン向けにお勧めなのはクラシックスタイルで用途の広い「ロレックス・デイトジャスト」の新モデルだ。立派だが、立派すぎない程度の良さがいい。「レディ・デイトジャスト28」は6300ドル、「オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト41」は9350ドル。

ビジネススクール修了者向け

フランスの会社がスイスで製造した時計であるにもかかわらず、「カルティエ・ドライブ・エクストラフラット」は男性的かつ英国的な雰囲気を醸し出しており、英オクスフォード大学サイード・ビジネススクール(SBS)やロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)などの経営大学院を修了した男性にはぴったりのように思われる。価格は1万5600ドル。

アスリート向け

シャイノーラの贈答用腕時計、「34mmバーディ」、「41mmランウェル 」、「47mmランウェル」は、それぞれ3本のストラップを付属する。価格は650-800ドル。

ミュージシャン志望の人向け

ジャズの巨匠に捧げるシリーズの最新作「オリス・デクスター・ゴードン・リミテッドエディション」は、テナーサックス奏者のデクスター・ゴードンへのオマージュだ。価格は1900ドル。

大人になっても創造力が強い人向け

1/2ページ

最終更新:5/12(金) 15:19

Bloomberg