ここから本文です

ANAの787、ロシアに緊急着陸 エンジン不具合で

5/13(土) 12:32配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)の成田発デュッセルドルフ行きNH209便(ボーイング787-9型機、登録番号JA871A)が5月12日、ロシア・イルクーツク州のブラーツク空港に緊急着陸した。乗客は代替機に乗り換え、13日午前にブラーツクを再出発した。

 NH209便は12日午前11時3分、乗客121人(幼児2人含む)と乗員12人(パイロット3人、客室乗務員9人)を乗せて成田を出発。ANAによると、左側エンジンの油量が低下したため、同日午後4時51分(日本時間)、ブラーツク空港に緊急着陸した。

 代替機は同型機の787-9(JA836A)で、羽田を13日午前3時30分(日本時間)に出発し、ブラーツクには同日午前9時(現地時間午前8時)に到着した。準備が整い次第、デュッセルドルフへ向けて再出発する。

 ANAによると、代替機によるNH209便はブラーツクを日本時間13日午前11時30分(現地時間同日午前10時30分)に出発。デュッセルドルフには13日午後6時40分(現地時間同日午前11:40)の到着を予定している。

 成田-デュッセルドルフ線に投入している787-9は長距離国際線仕様機で、座席数は3クラス215席(ビジネス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー146席)。エンジンは英ロールス・ロイス製トレント1000を搭載する、ANAは整備部門の社員を現地に派遣し、不具合の原因究明を始めた。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:5/13(土) 12:57
Aviation Wire