ここから本文です

井上尚弥 挑戦者ロドリゲスの前に父の手首破壊!「ミットが持てなくなった」

デイリースポーツ 5/13(土) 5:00配信

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(21日、有明コロシアム)

 5度目の防衛戦に臨む井上尚弥(24)が12日、横浜市内で練習を公開した。もともと強打に定評があるが、今回はさらにパワーアップ。右ストレートでミットを持つ父・真吾トレーナーの右手首を故障に追い込んでいた。

 真吾氏は「きのうから痛くてミットが持てなくなった。(2階級上の)スーパーバンタム級くらいのパワーはあると思う」とパンチの威力増を身をもって体感。テーピングした右手首を触った。

 「パンチ力が上がっている実感はあります。今回、試合1カ月前に合宿して下半身を強化した。帰ってきてから下半身からの力の伝わり方が全然違う」と井上尚。挑戦者のロドリゲスについて「突破口の左フックがラフなので気をつけたい。勝って当たり前という試合ほど怖いものはない」と油断もない。

最終更新:5/13(土) 5:00

デイリースポーツ