ここから本文です

「五輪とコミケ」を都議選の争点に! 署名開始の山田太郎氏に聞く

J-CASTニュース 5/13(土) 11:00配信

 「コミケ」が、危機に立たされている。2020年の東京五輪開催に伴い、例年会場としている東京ビッグサイトが使えなくなるかもしれないからだ。

 大手メディアもほとんどこの問題を取り上げない中、「コミケ会場問題などを、都議選の公約に入れる」ことを各候補者に求める運動が、わずか9日で2万人近い署名を集めた。仕掛け人は、前参院議員の山田太郎氏(50)だ。その狙いを聞くべく、2017年5月12日、J-CASTニュースは山田氏を取材した。

■9日間で2万人集める

 「『ユリーちゃん』のコスプレをしてみせたり、東京を『アニメランド』にするとおっしゃたりしているんだけれども、それはどこまで真意なのか」

 小池都知事の姿勢について、山田氏はそう疑問を投げかける。

 小池氏がツイッターで「私は東京を文化の発信地にしていきます。(中略)東京都が総力を挙げて、コミケを応援します!」と宣言したのは、選挙中の2016年7月17日だ。

 そのコミケが直面する最大の問題が、東京五輪に伴う会場問題だ。東京ビッグサイトが五輪のメディアセンターなどとして使われる関係で、2020年7~9月は完全に使用不可能、前年度も大きく利用が制限される。コミケの来場者は3日間で50万人を超え、代替会場を探すのは難しい。少なくとも20年の「夏コミ」はこのままでは絶望的だ。

 ところが小池都知事は、この問題に対し、当選後は目立った動きを見せていない。2017年4月29日、「ニコニコ超会議」でこの問題について質問された際にも、「確認しておきます。要はね、仮設の会場を使うんですよ」などと述べるにとどまった。

 4月26日には、東京ビッグサイトが一連の問題についての説明会を開催、利用が制限される期間を短縮するなどの「譲歩」を示したものの、事実上の最後通牒となった。テレビを始めとするマスコミも、「豊洲」や「五輪会場」問題は執拗に取り上げるのに、コミケについてはまるで取り上げないと山田氏は嘆く。

  「コミケというのは、まさに漫画の世界の『五輪』なんです。同人作家にとっての大舞台であるとともに、そこで参加したアマチュアから、スターになっていく人が出る。スポーツの『五輪』のために、それを潰していいんですか?」

1/2ページ

最終更新:5/13(土) 11:00

J-CASTニュース