ここから本文です

ロッテ涌井 自己ワースト10失点、パ新記録の6被本塁打に伊東監督あきれ顔

東スポWeb 5/13(土) 0:08配信

 ロッテが12日の日本ハム戦(東京ドーム)に1―15と大差で敗れ、今季5度目の3連敗を喫した。先発の涌井秀章(30)はプロ入り13年目で自己ワーストの10失点。1試合6被本塁打で個人でのパ・リーグ新記録を更新することとなった。

 攻撃、守備でも精彩を欠いたチームに伊東勤監督(54)は「記憶にないぐらい屈辱的な負け。ファンの方に申し訳ないぐらい一方的にやられた。チーム(の状態)は上がってきてないけど、全体的な弱さが出た」とあきれ顔だった。

 この日はエースの涌井が10失点、2番手の大嶺裕太(28)が5失点と投手陣が踏ん張り切れていないことに指揮官は「今は投手が我慢できていない。今日は(日本ハムの)フリーバッティングだったね」と自嘲気味に話した。

 試合後は選手を集めたミーティングを行い、「この試合を屈辱だと思って仕返しをする気持ちにならないとプロじゃない」と奮起をうながした伊東監督。すでに借金は15にまで膨らんだが、まだまだあきらめるつもりはない。

最終更新:5/13(土) 0:26

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 5:50