ここから本文です

ファブレガス「これは信じられないこと」優勝ゴールを決めた切り札バチュアイを称賛

GOAL 5/13(土) 9:35配信

現地時間12日に行われたプレミアリーグ第37節ウェスト・ブロムウィッチvsチェルシーは0-1でアウェーのチェルシーが勝利を収めた。この結果、チェルシーは勝ち点を87に伸ばしてリーグ優勝を決めている。

試合後、セスク・ファブレガスが『スカイスポーツ』の中継で喜びのコメントを発している。

「これは信じられないことだ。まさかあまり出場機会のなかった選手(ミヒー・バチュアイ)がスコアを決めて、優勝を決めるとは。これはサッカーが持つ美しい一面だと思う」

試合は83分にバチュアイがゴールを決め、これがこの試合唯一の得点に。同選手は昨夏チェルシーに加入し、ここまでリーグ戦17試合に出場。いずれもジョーカー役として途中出場ばかりのため、18試合出場ながら累計出場時間が120分弱しかなかった。

ファブレガスは「正直なところ、僕らは勝てると思っていたけど、試合はうまく進まなかった。前半にはチャンスも多かったし、実際にいい形が作れていたと思う。おそらくプレッシャーがチームのみんなにあったんだろうね。緊張のためか、それが形にならなかった」と続け、優勝を決める大一番でチーム全体にプレッシャーがあったことを明かしている。

GOAL

最終更新:5/13(土) 9:35

GOAL

スポーツナビ サッカー情報