ここから本文です

静岡新聞長期連載「静岡茶 次代へ」 農業ジャーナリスト賞

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/13(土) 7:52配信

 農業関連の報道関係者や研究者らでつくる「農政ジャーナリストの会」(石井勇人会長)は12日、農林水産業や農山村の振興に優れた功績のあった報道を表彰する第32回農業ジャーナリスト賞の審査結果を発表した。静岡新聞社が2015年11月から17年3月まで長期連載した「静岡茶 次代へ」が奨励賞を受賞した。

 「静岡茶 次代へ」は全7章を展開し、静岡茶ブランドが持つ意味や、茶の生産・消費構造の転換、輸出、茶業振興に生かすことができそうな他業界の取り組みなどを、日本と米国での現場取材に基づいて報じた。

 同会は審査評で「地元紙が徹底した現場取材で、伝統産業の振興と将来に対する熱い思いを感じさせる」とした。

 このほか受賞したのは中国新聞社「中国山地」、テレビ愛媛「じいちゃんの棚田」、NHK制作局「地域魅力化ドキュメント ふるさとグングン!」(奨励賞)。

 今回は新聞・出版部門6点、映像・テレビ部門12点の計18点について、報道関係者や大学教授、農業法人代表者、作家ら9人の審査員が作品の社会性や独自性、影響力などを評価した。

静岡新聞社

最終更新:5/13(土) 7:52

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS