ここから本文です

鹿嶋市がマンホール蓋にクラブ紋章 J1鹿島を応援

5/13(土) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

鹿嶋市はJ1鹿島アントラーズのエンブレムを基調としたデザインのマンホールふたを製作した。第1号のマンホールふたは12日、同市粟生の鹿島クラブハウスで、錦織孝一市長とクラブの井畑滋社長が設置。市はふたを目立つ場所に設置・展示することで、鹿島を応援する姿勢をアピールし、下水道事業のPRにもつなげたい考えだ。

マンホールふたは直径630ミリ、重さ約40キロの鋳物。デザインは市が鹿島に依頼。同一デザインで文字のみ「鹿嶋市おすい」「鹿嶋市うすい」の二つがある。ふたを埋め込む場所は、クラブハウスのしかおモニュメント前に1カ所と同市神向寺のカシマスタジアムの新日鉄住金ゲート付近に2カ所。

また同市平井の市役所、クラブハウス、同スタジアム併設のカシマサッカーミュージアムに各1個を展示する。

錦織市長は「鹿嶋はインバウンドを含め多くの人が来ている。マンホールを見て、市がこういうところまでアントラーズを支えているとイメージできる。目立つところに増やしたい」と述べた。井畑社長は「地域と一体で戦う姿勢を見せる効果がある」と期待を寄せた。

マンホールふたの設置に合わせ、市は缶バッジも製作。22日から3日間、市下水道課で500個を無料配布する。マンホールカードも製作予定だ。 (小林久隆)

茨城新聞社